問題有りでした、、、 また飛んだ。

Posted: 2011年9月20日 カテゴリー: 未分類
コピーしといて良かった。
以下、飛んだ文章。
ブログ更新しやすくなりそうです。
なるべく、毎日。
何かしら発信し続けるよう努力します。

まずは、昨日の第3回真勇カップに関して。
個人的には2度目の参加となりました。
白蓮会館を代表して!? 埼玉の地元で開かれる大会なので、自分と浦和のN野支部長の
2名で大会のお手伝い。

昨年は東大阪東から移籍のN島兄弟引き連れて行けましたが(強かったから・・・今はバスケはまってるみたい)、今年は自前の大会出場者ゼロ。
うちの子達だと・・・ ヤバい。。。

淑徳巣鴨の空手部<中・高>も今年は初参加。
東京本部で一緒に稽古した子も応援に来てたな。
白蓮・全日本に出る!と気合い入ってました(重量級)

ところで真勇カップ、今回も応援方法の徹底がなされていました。
アリーナは選手と監督1名のみ。
観客席からも声を上げての応援を控えるよう、試合中にも関わらず時計を止めて注意しに行かれてました。

それに監督席に入る人はそれなりの服装でないと駄目だと・・・
Tシャツ、短パン等では入らないで欲しいとの徹底振り。
主審の号令で選手と一緒に正面に礼、主審に礼、お互いに礼を監督席の人達も一緒にやる。
これは気持ち良い! 素晴らしいと思います。

良く考えると剣道や柔道でも中・高の時代、顧問がTシャツ短パンだった事は無いですね。

子供だけの大会の場合、こういう事は凄く大事だと思います。
大人がまずは襟を正す。
立ち居振る舞いとでも言いましょうか。

子供は大人の鏡。

空手の試合に限らず色んな場面で親は子供の事になるとついつい熱くなり、、、
凄い言葉を発しています。

自派の空手大会で審判している最中、他派の指導者らしい人が暴言を吐いてくる事もあります。

育ての親なんでしょう。
そんな時はついつい私も思いっきりその人を睨み返すんですが(*^^)v へへっ。

サッカーの試合でも最近は特に厳しく、応援マナーについて実践されてます。
レフェリーはプレイしている子供に罵声を浴びせたり不適切な発言を繰り返す監督を
退場させる権限を持っています。
実際に退場させられてます。

また、コートの外で親がハッスルし過ぎて言葉が汚くなるとレフェリーは必ず注意を与えます。
子供の大会、試合だからです。
空手でもあってしかるべきですよね。

ただ、プロ興業は別です。
派手に音鳴らしてらして楽しむ物だと思います。

空手も全日本選手権や大人の大会なら、応援に関して必要以上の締め付けは逆効果だと思います。
なぜなら盛り上がらない。

我々も闘う立場なら応援は有難いし、仲間を応援したい!
それも大声張り上げて、届け!!と言わんばかり声を出します。
そして今年も白蓮会館・全日本選手権は盛り上がるでしょう。
来年の世界大会の切符がかかってますから。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中